医学部 臨床医学形成外科学Plastic and Reconstructive Surgery

JapaneseEnglish

研究室HP

1.集合写真

形成外科学教室は1974年(昭和49年)9月1日 金沢大学医学部皮膚科より塚田貞夫教授が着任し開設された。初代講座主任塚田貞夫教授は1974年(昭和49年)9月1日から1997年(平成9年)3月31日までの22年7ヶ月間形成外科学教室を主宰した。主任教授退任後も1年間は教授職を務め,1998年(平成10年)3月31日に定年退職されている。第二代講座主任には,公募選考の結果当教室の川上重彦助教授が選任され,1997年(平成9年)4月1日より形成外科学講座主任教授となり現在に至っている。学会開催をみると、川上教授のもとでは,第33回日本熱傷学会(2009年6月),第53回日本形成外科学会(2010年4月)を開催している。今後の開催予定としては,第14回日本褥瘡学会が2012年に,第13回日韓形成外科学会が2016年に決定している。

お問い合わせ

TEL: 076-218-8172 / FAX: 076-286-8915 / Email: prs@kanazawa-med.ac.jp

所属者紹介

講座主任

  • 川上 重彦 川上病院長修正

准教授

  • 島田 賢一

講師

  • 森田 礼時
  • 山元 康徳
  • 岸邊 美幸
  • 山下 昌信

助教

  • 西部 泰弘
  • 氷見 祐二
  • 小室 明人
  • 西尾 明子

医員

  • 三宅 順子
  • 金子 貴芳
  • 瀬戸 彩乃
  • 中島 幸仙
  • 柳下 幹男
  • 三宅 伸完
  • 黒澤 智子
  • 岡村 愛
  • 中村 奈美樹
  • 田口 梨江

主な研究業績

部門別研究業績

  • L Quan, R Morita, S Kawakami :Toxic syndrome toxin-1(TSST-1)antibody levels in Japanese children,Burns,36:716-721,2010.
  • K.Shimada, N.Ishikura, T.Heshiki, S.Kawakami:Treatment for chronic abscess after cranioplasty: reconstruction of dura maters using the anterolateral tight flap with fascia lata,J Craniofac Surg,18:1305-1308,2007.
  • R.Morita, K.Shimada, S.Kawakami:Facial protection masks after fracture treatment of the nasal bone to prevent re-injury in contact sports,J Craniofac Surg,18:143-145,2007.
  • N.Ishikura, S.Kawakami, J.Yoshida, K.Shimada:Vascular supply of the subcutaneous pedicle of Nagata's method in microtia reconstruction,Br J Plast Surg,57:780-784,2004
  • R. Morita, N. Ishikura, S. Kawakami, T. Heshiki, L. Shimada, T. Kurosawa:Use of skin staplers to fix film dressings on scalp donor wounds in patients with burns,Burns,28:267-269,2002.

主な外部研究資金